出会い系サイトでのオヤジ狩り

オヤジ狩りなんてまだあるの?

出会い系サイトとオヤジ狩り
メンバーの中には、オヤジ狩りの被害にあった者はいません。
これは運が良いと言われればそうかもしれませんが
事前に注意をはらっているからだと私達は思っています。

まだ世の中にはオヤジ狩りなるモノがあると聞きます。
そしてある方から実体験をメールで頂きました。
読んでみると、いつ被害にあってもおかしくないかなと。
それぐらい怪しくも無いぐらいな内容だったんです。

今ではオヤジ狩りではなく、女性が狩られるケースもあります。
若い女性に多いようで、風俗や援助交際などで働かされるケースです。
若い女性をお金でどうにかしたい大人が多くいる実態。これがそもそもの原因なんでしょうね。

ですから心から言わせて下さい。
援助交際などで若い女の子をオモチャにだけはしないで下さい。
人生が狂うだけではなく、人として戻ってこれなくなります。
ある一線だけは越えないようお願いします。

オヤジ狩り寸前!の実話

オヤジ狩り体験談
ある男性からメールをもらいました。
読んでみてビックリ!
オヤジ狩りにあいそうだったという内容だったのです。
あいそうだっただけで、被害はゼロだそうです。
ホント良かったです。
そんな男性からのメールを紹介しますね。

〜〜ここから一部抜粋〜〜

6往復だったでしょうか。直メに発展できたんですよ。
21歳だったので嬉しかったですね(笑)
それから3日間ぐらいメールしてまして、ようやく待ち合わせまでこぎ着けたんです。
ここまでは今までの経験上怪しい所は無かったと思います。

田舎なので待ち合わせ場所はホームセンターの駐車場にしたんです。
あまり車も多くないですし、既婚の身としては都合が良いですから(´。`;)
でも念のために、言っておいた場所とはちょっと離れた所に駐車していました。
若干車も多くて人目が気になりましたから。

会う前にトイレへと向かっていたその時、彼女から電話がありました。
『もう着いて車で待ってるよ』と伝え、急いでトイレへ行ったんです。
戻ろうと急いでいるとまた彼女から電話がありました。
『私も着いたけどどこにいるの?白い○○○○○って停まってないけど』
丁度この電話の時、駐車場の裏手にいたのですが、信じられない光景を目にしたんです。

建物の影になっている場所に黒いバンが停まっていて、そこに彼女が立っていたんですよ。
しかもその車の中には、多分5人以上の人影もありました。
怪しく思ったので『いるよー駐車場入って右の方だよ。探してみてよ』と言ってみました。
すると彼女は車の中に何か言って、歩き出しました。

〜〜ここまで〜〜

詳しく教えて欲しいとお願いしたので、かなり詳細を書いてくれました。
彼はその後、黒いバンが駐車場から出たのを確認して逃げたようです。
念の為に彼女には、『警察に連絡しておいたよ』とメールしたらしいです。
そんなメールを送る彼もオツな男ですよね(笑)
女の子はそれから何もメールしてこなかったようです。

事無きを得て、本当に良かったですよね。
みなさんも注意しましょう!!
人気の無い待ち合わせ場所なんかは以ての外、できれば離れた場所で確認しましょう。

ハメ撮りをやってみたい!

出会い系などで女の子と遊び始めると、やっぱりしたくなります。
そう・・・ハメ撮り!
セフレが何人もできると、どうしてもやってみたくなりますよねぇ。
でも実際に女の子へ聞いてみると・・・
「イヤだよ!何言ってんの!!」
とだいたい怒られるか断られますね。「イイよぉ〜♪」なんて言う子は滅多にいません。

ある日の事、SPA!という雑誌をパラパラと眺めていました。
するとそこにハメ撮りについての特集が載っていたんです。
saiという人が、なぜ女の子がハメ撮りを許すのかって内容でした。
そりゃ〜もう読みましたよ。
でもどうやってハメ撮りを許してもらえるのかという核の部分が載っていませんでした。

でもね・・・あったんです。
このSaiという人がノウハウとして作っていたんです。それがコレ↓
禁断のハメ撮りマニュアル!
だめんずうぉ〜か〜のくらたま先生に「すごい!」を連発させた男の最凶ノウハウです。

Saiっていう人は、SPA!,プレイボーイ,FRIDAY,sabra等有名雑誌やだめんずうぉ〜か〜に、恋愛ノウハウ指南で多数出演している男性です。知っている人も多いですよね。
そんなSaiさんが、6年間に渡り「女の子と出会ったその日に即ハメ撮り」を繰り返してきた秘密の洗脳術をついに解禁したんですから、それはもう大騒ぎってなもんです。

そこらの素人ではなく、玄人のマニュアルはホント凄いですよ。
ハメ撮りに興味がある人はチェックしてみて下さい。
Saiのハメ撮りマニュアル 禁断のハメ撮りマニュアル!