出会い系サイトで即日持ち帰り

いきなり部屋へ呼ぼうなんてしてない?

出会い系持ち帰り
もうこれはボクからしたら考えられません。
即日持ち帰りするのもそうなんですが、部屋に呼ぶだなんて。
絶対にありえないですし、経験すらありません。
部屋に持ち帰る経験が無いって意味ですよ?ホテルにはあります。
別に1人暮らしじゃないからなんて理由ではありませんよ。
呼んだ後に最悪な事にでもなったら…と思うからです。
実際に私の周りで起きた事件を元に、リスクを紹介しますね。
きっとこれを読んだら、部屋になんて呼べなくなると思います。そして無闇に手を出したりも。ただ知っておいて欲しいのは、絶対に危険だ!とは言い切れ無い事です。危険なんてほんの数%かもしれません。1%以下の確率かもしれません。運が良かったら、そんなもんに出くわさないかもしれません。でも人生が狂う危険があるとだけは知っておいて下さいね。

出会い系サイトを使ったある男性の体験談

出会い系体験談
ある男性の実話を紹介します。

彼は都内で独り暮らしをしていました。
ボクは1人暮らしではないため、羨ましくも思っていました。
だって好きな時に女性を部屋に呼べるんですからね。
家族の目なんて気にしないなんて、なんと幸せな事か!

ある時彼はいつものように出会い系サイトを使っていました。
そしてある女性と会う約束をして、待ち合わせに成功。
待ち合わせ場所にやってきた女性は、特Aクラスの女性。
内心ガッポーズの彼は、はやる気持ちを抑え居酒屋へ。

軽く呑んだ後カラオケに誘うと、OKだったのでカラオケに向かいました。
我慢ができず、彼は女性にちょっかいを出します。
彼女には抵抗する気配も無く、むしろノリノリといった様子。

ホテルへ誘えると確信した彼。
しかしその月の彼の懐具合は寂しい状態。
この期を逃したくない彼は、部屋に彼女を呼ぶ事にしました。

部屋につくなりスグに情事が始まり、楽しい時を過ごす彼。
その後もお酒を呑み、そのまま2人とも寝てしまったのです。

昼ちょっと前に目が覚めた彼。
部屋を見渡しても彼女の姿はありません。
おかしいと思い携帯を探すが、携帯も無い!そして財布も!

ショックでボー然とする彼ですが、最悪な事件はまだ続きます。
警察に届けを出そうと外出の用意をしていると、インターフォンが鳴りました。
出てみるとそこには、いなくなった彼女と怖いお兄さん3人の姿。

彼は知り合いを使い事なきを得ましたが、それ以来出会い系は使わなくなったそうです。
部屋を教えるということは、こんなリスクを背負う事なんです。
今は携帯のGPS機能だってあります。
それを使えば、簡単に美人局ができますよね?
事件に巻き込まれる可能性を考えたら、高い1発だと思いませんか?

家出をした女の子を泊めたばかりに

これから話す内容は、ガチンコナンパ日記に寄せられたメールです。
今でも時々メールでお話しますが、彼はあれ以来絶対に持ち帰りはしていないようです。

30代の彼はいつもの如く出会い系サイトで女の子を探していました。
掲示板にも書き込みをしていた為、ある時女の子からメールがやってきました。
年齢は自称19歳のフリーター。
トントン拍子で会う事になり、約束の日は2人で居酒屋に行ったようです。
女の子はギャルそのものといった風貌で、少々恥ずかしくなるほど不釣り合いだったと書いてありました。さすがに30代とギャルとでは、周りからは援助交際にしか見えませんからね。
ノリは良いし良く見ると実は可愛いし、しかも巨乳の女の子。
飲ませて隙を見てホテルへ連れ込もうと目論んでいたそうです。

目論見通り彼女は酔っ払いました。
カラオケへ行く頃にはフラフラしていて、歌ってる時に触ってもOKなぐらい酔っていました。
調子に乗った彼は、巨乳を揉んで楽しんだりして絶好調!
しかし彼の目論見は崩れ始めました。彼女が歩けなくなるほど酔い出したからです。
歩けない女の子、しかも若い女の子を担いでホテルへ行くわけにもいきません。
彼は仕方なく1人暮らしの部屋へ彼女を運びました。

少しベッドで寝かせると少し復活してくれて、彼は彼女を頂く事に成功しました。
若い体を満喫して、彼は大満足のまま爆睡しました。
次の日の昼前、起きた2人はまたお互いの体を貪り、彼女は夕方に帰っていきました。

その日からまたメールのやり取りが続き、また部屋に呼んでヤろうと考えていた彼。
約束をして彼女を駅まで迎えに行くと、なぜか彼女はもう1人の女の子と一緒にいます。
不思議に思っていると、電車で偶然友達に会ったからと言っていたらしいです。
途中で帰るものだと思い、3人で飲みに行きました。
居酒屋を出てもその友達は帰る雰囲気もなく、結局2人を部屋へ連れて行く事に。

部屋で飲みながら話していると、どうも家出をしているような事を言い出しました。
しかも2人とも最近家出をしたから、ここに泊めて欲しいというのです。
それは困ると言ったが、彼が出掛ける時は外に行くという条件で了解してしまいました。
初めのうちは遠慮していた彼ですが、途中から我慢もできなくなりました。
友達が隣で寝ているというのにもう1人とエッチをしたり、しかも2人に手を付けてしまうんです。
それでも泊めてもらっているからと、彼女達は彼とエッチをしまくっていたようです。
彼には天国のような毎日だったんでしょうね。

それが一変したのは、彼女達が泊まり出してから3週間あたり。
彼が仕事で遅くなっていたある夜、友達から電話がかかってきました。
「家にいるのにシカトすんなよ!」というのです。
彼は仕事しているので説明すると、友人は変な事を言い出しました。
「だってお前の部屋の電気付いてるし、カーテン空いてるから人がいるの見えるぞ?」
彼は友達にそこで待っててもらい、急いで家へ向かいました。

部屋の扉を開けて、彼は唖然としました。
そこには女の子が4人と男が2人いたんです。
急いで警察を呼び、彼は真実をする事になりました。

実は彼女達は合鍵を作り、彼がいない昼間から夜まで、部屋に友達を呼んでいたのです。
律儀に帰る前になると彼女たちに連絡をしていた彼。
その電話を合図に、部屋の掃除をして友達は帰っていたらしいのです。
勝手に風呂も使われ、ベッドで知らない男たちがエッチをしていたらしいです。

事件にはなりませんでしたが、彼は早々に引っ越したようです。
そしてそれ以来、出会い系などで知り合った女の子を部屋に呼ばなくなったと言っています。
ただ遊び部屋にされているだけで済んで良かったですよね。
変な男が出入りしてたら、もっと酷い事になっていたかもしれません。