エキサイトフレンズ体験談と攻略ポイント

エキサイトフレンズを使ってみた

エキサイトフレンズ
出会い系サイトというか、なんというか…
という感じのエキサイトフレンズ。魅力的なのは
・掲示板に書き込み無料!
・やってきたメールへの返信は無料!
書き込みをしている女性を選んで、自らメールを送信したりするのは有料です。
まぁ、有料とはいえ月315円です。かなり格安です。
基本的に登録者が腐るほどいますから、競争率も半端じゃないです。
これって非常に重要な事なんですよね。なんせあのスタービーチは、競争率激高なので使えないんですから。あれだけ人が集まっていて無料ですから、仕方の無い事かもしれませんね。
スタービーチに匹敵するほど、競争率は激高だと思って下さい。
※スタービーチは潰れてしまいましたね・・・

昔初めて使い始めた頃は全て無料だったんですけどね。あの頃は出会いまくりでした。
まだ皆さんが出会い系慣れしていなかったんだと思います。

しかし、今でも私は使っています。しかもしっかりと出会っています!
ここの難点は真面目な子が多いという事。有料の他サイトと違い、本気で友達募集って子も多いんです。ただし!競争率が高いので、初心者は難しいかもしれません。
他の有料出会い系サイトで出会えない人には無理だと思った方が良いです。

エキフレ(エキサイトフレンズ)攻略ポイント

それでは攻略ポイントを整理していきます。
ブログに書いた事なので、そちらを紹介しておきます。
きちんと順番で読んでいって下さいね。
この他にもたくさん書いていますので、もっと読みたい方はブログ内検索して下さい。

情報ファイル エキサイトフレンズ攻略…の巻

さてさて、本日はタイトル通り、エキサイトフレンズ攻略のお話を。
先日『PCでナンパはできないか?』というコメントを頂きました。
やはり携帯がメインになります。
PCだとタイミングを逃す可能性が大ですし、サクラも大量発生しますから。
>>>詳細はこちらから

情報ファイル エキサイトも使ってみる?・・・の巻

昨日ちょっと久しぶりにエキサイトに仕込みを打ち込んでおきました。
あそこって書き込みをしても、それが反映されるのは24時間後なんです。
んで、さっきチェックしてみたんですが・・・一通!しかもなぜか男!
>>>詳細はこちらから

情報ファイル 有料エキサイトってどう?…の巻

長く引っ張りましたが、エキサイトの報告を。
書き込んだ内容などの詳細は、後日に報告って事にしまして。。。
結論から言います…有料版は…イイ(´Д`)
無料で遊んでいた頃より、断然メールのやり取りができる!
>>>詳細はこちらから

情報ファイル エキサイトとハピメの両刀使い・・・の巻

最近エキサイトフレンズを頑張っています!
一つだけじゃ心許無いので、エキサイトを7:ハピメを3ぐらいで活動してました。
エキサイトの不満なとこ…掲示板にコメント書いても24時間後に反映される。
これだとかなりHIT率下がる気がします。
>>>詳細はこちらから

〜まとめ〜
▼待機用とメール送信用に二つないし三つ登録する。
▼PCだけではなく携帯も使う。
▼真面目なキャラと馬鹿キャラを使い分けましょう。
▼有料登録のIDは大切に。
エキサイトフレンズはこちら

ちょっと一息メールのお話

当サイトで活動しているメンバーの中で、1番メールがヘタな男は誰でしょう。
これは断トツでマッチョというHNの男です。
彼は風俗大好きなオヤジなのですが、なぜかメールが下手なんです。
ボクに送ってくるメールですら、モテないオーラがみなぎっているんです。

そこでずいぶん前に、ボクは彼に教えました。
「とりあえずこれ無料だから読んでみろよ」
5つのメールテクニック事例集
どうせ無料なんだから読んでみても損は無い。
だから彼もさっそく読んだようです。まぁ〜ボクがアレコレいうと、彼も良い気分じゃないですからね。やっぱり付き合いが長くても、男としてのプライドがあるってなもんです。
だから他人にそれを気が付かせて欲しかったんです。

その後彼は送られてきたコンテンツを読み、メールに対して興味が出たようです。
そしてスグにこちらまで読んでしまいました。
68のメールテクニック
そして彼は道が選りました。出会い系で何通もメールをもらうようになったんです。
それだけではありません。
彼の話によると、風俗嬢までプライベートでエッチしているというのです。

彼が言うには、風俗嬢は仕事の合間や家にいる時メールを頻繁にする。
だからメールの威力は半端じゃない。
実際に店でも会っている身なので、想像以上に簡単にエッチできた、らしいです。

今では普通に出会い系サイトでも活躍しています。
恐らくみなさんが考えている以上にメール下手なマッチョが、今では・・・ですからねぇ。
とにかく無料の5つのメールテクニック事例集だけでも読んでみましょう。

どうせ無料ですから、読んだもん勝ちです(笑)